アニメ文化の発展

楽譜

日本のアニメ文化と声優志望者の増加

アニメや漫画と聞けば直ぐに連想されるほどに日本という国は世界一のサブカル大国です。日本のアニメや漫画の多くが翻訳され、今日では多くの国のテレビ局や書店に陳列されています。そうした創作物をきっかけに日本に興味を持つ外国人が多いのは事実で、実際にフランスなどでは日本のオタク文化を積極的に取り入れて、様々なそれに関連するイベントが毎年開催されています。海外にもマンガやアニメがある中で、日本のものが比べ物にならないほどの影響力を持っているのは、日本においてそれが多くの人に読まれ、親しまれてきた歴史があるからであり、これほどアニメや漫画に寛容かつ積極的な国は他にありません。政府もまた「クールジャパン」と題してこれを世界に売り込もうとしています。当然そうした制作物には作成者がいるわけで、今日注目されているもののひとつに声優があります。声優志望者は年々増加の傾向にあり、たくさんの専門学校が毎年設立されています。

専門学校の多様性と必要なスキル

声優志望者が年々増加するのに伴い、日本全国には声優学科と題した専門学校もまた存在します。専門学校では実際にプロの声優の話を聞いたりなどして、自身のスキルの向上を狙うことが出来ます。発声練習などは実際にプロがしているものと同じで、個人ではとても再現できないような実際の録音環境のもとで声優としてのあらゆるカリキュラムを積むことができます。こうした専門学校は基本的にアニメが好きならば誰でも入学できるものであるため、専門学校にいる人は例外なくアニメや漫画が好きな人です。そのため、他の学校などでは話題が合うかなどの不安がありますが、それがこの専門学校にはなく、自分の好きなアニメの話や声優に必要な技術などを共有することによって、よりよい練習環境を実現することができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加